錦鯉渡辺の実家は江戸川区で金持ち!父親は運送業で母親は他界していた!

2021年12月19日テレビ朝日系列放送の『M-1グランプリ2021』にて、見事17代目王者となった「錦鯉」!!

長い下積み期間を経て、最年長記録での優勝にもらい泣きした人も多いのではないでしょうか。

そんな破竹の勢いの錦鯉のツッコミ・渡辺隆さんですが、実はご家族のことで苦労していた過去があるんです。

家族のことを知ると、より一層応援したくなってしまいます…!

今回は、今大注目の「錦鯉」渡辺隆さんの実家や家族のことについてご紹介します。

錦鯉渡辺の実家は金持ち!

錦鯉・渡辺隆

実家についていろいろ噂されている錦鯉・渡辺隆さんですが、まずはプロフィールを確認しましょう。

錦鯉・渡辺隆さんのプロフィール

本名:渡辺隆

生年月日:1978年4月15日

年齢:43歳

出身:東京都江戸川区

血液型:O型

東京都江戸川区にある錦鯉・渡辺隆さんの実家が金持ちという噂があるんです。

きっかけは錦鯉・渡辺隆さんの実家に以前取材が入ったことでした。

2021年1月27日放送のテレビ東京系『家、ついて行ってイイですか?』という番組で、たまたま錦鯉・渡辺隆さんの父親が取材を受けていたのです

錦鯉渡辺取材

その際、父親である渡辺政夫さんの取材から、実家がお金持ちではないかという噂がたちました。

その理由は以下の3つです。

  1. 実家は江戸川区
  2. 実家は5代目の持ち家
  3. 20年以上芸人としての息子を支えられた

詳しい理由についてご紹介します。

①実家は江戸川区

錦鯉渡辺父

実家は、東京都江戸川区にある4LDKの一軒家

どうやら、船堀か葛西あたりにあるようです。

というのも、『家、ついて行ってイイですか?で渡辺政夫さんが取材を受けたのが、江戸川区にある「あけぼの湯」という銭湯でした。

あけぼの湯

 

住所:〒134-0091 江戸川区船堀3−12−11

営業時間:15:30~23:50 (日・祝日は14:00~24:00)

アクセス:都営新宿線「船堀」駅下車、徒歩5分

そのため、船堀あたりに実家があるのでは?という噂があります。

 

また、葛西駅あたりで渡辺さんがロケをしていた目撃情報もありました。

江戸川区でのロケなので、地元関係の取材なのでは?という声もあり、葛西あたりが実家という噂もあります。

 

しかし、実家があると噂されている江戸川区船堀は、都営新宿線の急行が停まる駅かつ、今後区役所が移転してくる駅でもあります。

今需要が伸び、物件価格も上がってきている人気エリアですので、固定資産税など家にかかる費用も高いことが予想されます。

②実家は5代目の持ち家

渡辺隆

もとは魚屋を代々していたという錦鯉・渡辺隆さんの実家は持ち家です。

家を10年前に建て替え、今は築10年になります。

家を建て替えられるほどのお金があるということで、お金持ちと噂されたようですね。

 

渡辺さん一家は土地を既に購入しているので、住宅にすべてお金をかけられます。

とはいえ、東京都の土地なしでの注文住宅平均購入金額は3,928万円

また、その他にも建て替えの際には下記の費用もかかってきます。

  • 解体工事費用:約120万円
  • 引っ越し費用:約20万円
  • 仮住まいの家賃:約88万円

江戸川区は23区内では比較的物件は安く購入できると言われていますが、3000万円代でもかなりのお金です!

かなりの貯蓄がないと家の建て替えも難しいので、相当貯めていたんですね…!

③20年以上芸人としての息子を支えられた

錦鯉渡辺

錦鯉・渡辺隆さんがは錦鯉としてコンビをスタートしたのは2012年からですが、芸歴でいうと、もう20年以上とかなりキャリアを積んでいます。

世間からの知名度が上がったのは昨年2020年の『M-1グランプリ2020』の決勝進出がきっかけでした。

それまでは下積み期間が長く、バイトしながらの生活だったそうです。

渡辺はコンビニや深夜のコールセンターなど、いくつものアルバイトを経験。

 

そして、野菜市場の仕分けのバイトには今でも籍を置いていると話している。

 

引用:livedoorNEWS

その間、支えてくれたのは家族でした。

錦鯉渡辺

長年息子を支えられた経済力からも、実家がお金に余裕があったと噂されたようです。

成人男性の1か月あたりの生活費(家賃を除く)の平均は13万8867円。

引用:「統計調査 家計収支編 単身世帯(2019年)」(総務省統計局)

年間だと170万円弱もかかることになります。

現在、渡辺政夫さんは仕事を退職しているので、相当な貯蓄がないと、収入の低かった息子さんと住むことはできないはずです。

 

錦鯉渡辺の父親は運送業だった

錦鯉渡辺

錦鯉・渡辺隆さんの父親の政夫さんは、もともとは親の代から跡を継いで魚屋をしていました。

しかし、なんと40歳で長距離ドライバーに転職!

全国を走り回っていたため、家に帰れるのは月に1・2回だったといいます。

その後、あるきっかけからドライバーを辞めることになりました。

ドライバーから配車係になった政夫さんですが、現在は定年を迎え既に退職しています。

先ほど、かなりの蓄えがあったのでは?と話しましたがドライバーの収入はどれくらいなのでしょうか?

ドライバーの年収平均は285.3万

男性ドライバーの平均月収は285.3万円です。

参考:賃金構造基本統計調査

また、各距離でのドライバーの平均年収は以下の通りです。

  • 長距離トラックドライバーの年収:400万円~750万円
  • 大型トラック運転手:450万円~650万円
  • 中型トラック運転手:450万~550万円

長距離の方がより収入が高いんですね…!

渡辺政夫さんは長距離ドライバーでしたので、それなりの収入があったと思われます

ドライバーは歩合制!

実はドライバーの仕事は、歩合制であることが多いんです…!

簡単に言うと歩合制というのは、仕事をすればするだけ、結果を残せば残すだけ給料に上乗せされていく給与システムのことです。

渡辺政夫さんは、月に1・2回ほどしか家に帰らないほどトラックを走らせていたと言っていたので、おそらく平均よりもかなり稼いでいたと思われます。

しかも、ある出来事をきっかけに2000年頃にはドライバーの仕事を辞めています。

今70歳前後ですので、ドライバーを辞めた当時は50歳前後。

40歳でドライバーを始めたので、ドライバーとしての仕事をしていたのは10年ほどです。

魚屋をしていた頃にも貯めていたとは思いますが、一人息子と暮らしながら家を建て替えられるほどのお金を貯蓄するのには、かなり仕事漬けの日々だったことでしょう。

錦鯉渡辺の母親は交通事故で他界していた

錦鯉・渡辺隆さんの母親は、交通事故で2000年に49歳の若さで他界しています。

犬の散歩中に、信号無視した2トントラックに轢かれてしまい即死だったようです。

政夫さんがドライバーを辞めたきっかけ

錦鯉・渡辺

当時のことを振り返って、錦鯉・渡辺隆さんの父政夫さん親である政夫さんは下記のように話していました。

思い出せない、今。

 

そのときのこと。

 

自分であって自分じゃない。

 

別世界の話みたい

 

引用:トレンドニュース

急な事故で大切な奥さんを亡くされて、かなりショックが大きかったそうです。

しかも、政夫さんも当時仕事でトラックを使用していたので、より辛い経験だったことと思います。

 

実は政夫さんが長距離ドライバーを辞めたきっかけが、この事故でした。

それからは仕事も少し休んで。

 

1カ月以上、四十九日まで。

 

あの後、車を運転できなくなった。横断歩道を見れなかった。

 

(妻が)横断歩道で亡くなってるから。

 

でも、子どもらのほうがショック大きかったんじゃないかねえ……。

 

塞ぎ込みますよね。

 

引用:日刊サイゾー

その後は、錦鯉・渡辺隆さんは実家で父親と2人暮らしをしています。

錦鯉・渡辺隆さんの母親は芸人になるのを反対していた

錦鯉渡辺母親

錦鯉・渡辺隆さんが芸人になると言った時、母親は泣いて反対したそうです。

20歳で芸人になると宣言したとき、お母さんは『勘弁してくれ』と大泣きしたといいます。

 

引用:引用:livedoorNEWS

錦鯉・渡辺隆さんが芸人2年目の時に事故で他界してしまったため、錦鯉・渡辺隆さんは芸人としての活躍を母親にみせることができませんでした。

20年以上の時を経て、『M-1グランプリ2021』で優勝した錦鯉・渡辺隆さんの姿を見て、きっとお母さんも天国で喜んでいることでしょう。

まとめ

今回は『M-1グランプリ2021』で17代目王者となった錦鯉・渡辺隆さんの実家やご家族についてご紹介しました。

元々魚屋を経営していて持ち家があり、家の建て替えをしたり芸人を20年以上続ける息子を支え続けたりできるほどの経済力から、実家がお金持ちでは?と噂されています。

父親は代々続く魚屋を経営していましたが、40歳で長距離ドライバーに転職

しかし母親が交通事故で他界したことをきっかけに、ドライバーを辞めてしまいました。

辛い過去を乗り越えて、芸人として諦めることなく『M-1グランプリ2021』優勝を見事勝ち取った錦鯉・渡辺隆さん

これからの活躍も大注目ですね!

error: Content is protected !!