冨田せな&るきの家族構成!両親もスノーボーダー&仲良しエピソード!

北京オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプに、姉妹で出場する冨田せなさんとるきさん。

父の影響でスノーボードを始め、見事オリンピックの夢を掴みました!

そんな冨田せなさんとるきさんの家族構成や、両親について気になったので調べました。

冨田せな&るきの家族構成

冨田せな

冨田せなのプロフィール

  • 名前:冨田せな
  • 生年月日:1999年10月5日
  • 年齢:22歳(2022年2月現在)
  • 身長:160cm
  • 出身:新潟県妙高市
  • 所属:全日本ウィンタースポーツ専門学校

冨田せなさんといえば、優しい笑顔とダイナミックな滑りが印象的です。

そんな冨田せなさんの家族構成はこちら。

  1. 父:冨田達也
  2. 母:冨田美里
  3. 冨田せな
  4. 冨田るき

冨田せなさんは5人家族と言われています。

一番下の弟については公開された情報はありませんが、2017年に冨田せなさんが平昌オリンピック代表に内定し、地元の新潟県妙高市役所を表敬訪問した時の写真に写っている子が弟と思われます。

冨田せな

冨田せなさんの両脇にいるのが父の冨田達也さんと母の冨田美里さんですね。

この場にいるということは、家族であることがほぼ確定ではないかと考えられますので弟ではないでしょうか?

目元がお父さんにそっくりですね!

冨田せな&るきの両親はスノーボーダー

冨田せな

冨田せなさんとるきさんの両親は、ともにスノーボーダーです!

父は冨田達也さんという名前で、若い頃からスノーボードをしていたそう。

母の冨田里美さんも同様にスノーボードが好きで、スノーボードをするために愛知県から新潟の妙高に夫婦で移住しています。

冨田せな&るきの父親

冨田せなさんとるきさんがスノーボードを始めたのは、父である冨田達也さんの影響だったと話していました。

父・達也さんの影響でスノーボードを始めた冨田姉妹。
幼いころからライバルとして切磋琢磨してきた2人の夢、それがオリンピック出場でした。
引用:FNNプライムオンライン

2018年6月17日、妹の冨田るきさんのインスタグラムに若い頃のお父さんとの写真が投稿されていました。

冨田るき

一緒にどこかに出かけている様子です^^

父と母の年齢や、仕事については情報が公開されていませんでしたが、共働きの家庭であったことは明かされています。

二人の両親は共に愛知県の出身で、スノーボードに魅了されて新潟の地に就を求めた。
共働きの両親は昼食を持たせ、朝にゲレンデまで姉妹を送り届け、仕事を終えると迎えにきた。
引用:Standard新潟

忙しい中、子供のためにがんばっていたことが分かりますね。

冨田せな&るきの母親

2018年12月3日には、お母さんとの写真も冨田るきさんのインスタグラムにアップされています!

冨田るき

小さい頃から、スノーボードだけではなく体操や水泳などたくさんのことを習ってきた冨田せなさんですが、父と母に「危ないからやめなさい」と止められたことは一度もありませんでした。

やりたいことを自由に挑戦させてくれた経験が、今に繋がっているのかもしれませんね。

また、母の冨田美里さんは、2019年に冨田せなさんが負った脳挫傷についても

「心配だが、危険なスポーツであることは分かっているし、けがは覚悟して送り出している。本人たちのやりたいという意思を尊重しています」

と語っていました。

当時、中国で行われたワールドカップの公開練習で転倒してしまい、脳震盪のため決勝を棄権した冨田せなさん。

その後3か月安静が必要となりましたが、現在は元気に復帰しています!

冨田せな&るきの家族仲良しエピソード

冨田せな

冨田せなさんとるきさん、海外遠征の際には必ず両親が見送りに来てくれるほどの仲良し家族なんです^^

仕事が重なる日もありますが、父か母のどちらかが必ず都合をつけて成田空港まで駆けつけてくれるそう。

そのことについて、母の冨田美里さんは

「(何が起きても)悔いが残らないように」

と話しており、危険だけど娘のやりたいことを応援する気持ちが表れています。

また冨田せなさん、るきさんが海外で試合に挑む際は、夜中でもライブ観戦してくれるという父と母。

試合後には必ずメールをくれるようで、優しい家族ですね!

2021年に新潟のローカル局で冨田姉妹の特集があった時には

冨田せな

寝ないで仕事に言ってたのはすごいと思う

と、父と母がずっと送り迎えをしてくれていたことを語っていました。

雪国に生まれた冨田姉妹は、幼少期、池の平(妙高)、杉ノ原(妙高)な地元を拠点に練習し、ハーフパイプなどの専門的な練習があった場合は高鷲スノーパーク(岐阜)、石打丸山(新潟・湯沢)X-JAM高井富士(長野)などで練習を行っていた。
引用:PR TIMES

新潟から岐阜や長野、送り迎えは相当大変だったと思いますが、その甲斐もあり世界で活躍するスノーボーダーになりましたね!

冨田せな&るきの姉妹仲良しエピソード

冨田るき

冨田るきのプロフィール

  • 名前:冨田るき
  • 生年月日:2001/12/28
  • 年齢:20歳(2022年2月現在)
  • 身長:157cm
  • 出身:新潟県妙高市
  • 所属:全日本ウィンタースポーツ専門学校

冨田せなさんの妹で、同じくプロスノーボーダーとして活躍する冨田るきさん。

冨田せな

2歳差の姉妹で、笑った顔が良く似ていますね^^

小さい頃からずっと一緒にスノーボードをしていて、お母さんが持たせてくれたお弁当を食べる暇がないほど滑ることに夢中になっていました。

「でもずっと滑っていたから、帰りの車の中で食べたりしたよね(笑)」(せな)、
「リフトに乗りながらポッケから出したお菓子を食べていたよね(笑)」(るき)。
引用:Standard新潟

また、冨田せなさん・るきさんが揃って北京五輪に内定した際には

冨田せな

北京五輪に一緒に出たいと話していから願いが叶って嬉しい

冨田るき

姉・せなの滑りはカッコイイのでマネしたいと思う

とお互いのことを話すなど仲良しな雰囲気が伝わってきます。

まとめ

冨田せなさん、るきさんの家族構成や、仲良しエピソードをご紹介しました。

家族の協力のおかげで、姉妹揃っての北京五輪出場が叶ったのかもしませんね。

冨田せなさん、るきさんの北京五輪での活躍を期待しています!

error: Content is protected !!
×