山上徹也の母親の名前や画像を特定?!現在は大阪にいる

山上徹也の母親

安倍元首相の銃撃事件を起こした山上徹也容疑者。

山上徹也容疑者がこの事件を起こした引き金になったとして、彼の母親に注目が集まっています。

熱心な旧統一教会信者だという山上徹也容疑者の母親。

一体どんな人なのか、名前や顔画像について調査してみました。

山上徹也の母親の名前や画像を特定?!

山上徹也 母親

山上徹也容疑者の母親に関して、名前や顔画像は2022年8月現在公表されていません。

母親が旧統一教会信者であるならば、その関連で名前を公表できない事情があるのかもしれません。

ただ、1952年9月に島根県庁で働く父と専業主婦の母の間に生まれたという情報はあります。

したがって、現在山上徹也容疑者の母親は69歳ということになります。

山上徹也の母親の仕事は?

山上徹也 母親

旧統一教会に1億円以上の献金をし、2002年に自己破産している山上徹也容疑者の母親。

山上徹也容疑者の母親は、元々奈良県に本社のある建設会社社長の娘でした。

1998年に母親自身の父が亡くなり、会社事務所を相続したものの、その会社も処分し得た2000万円を統一教会への献金に使ってしまいます。

その後、破産してからも数十万円から100万円の献金を繰り返していたという山上徹也容疑者の母親。

山上徹也容疑者が安倍元首相銃撃事件を起こした頃も、職種は明らかにされていませんが仕事はしていました。

ただ、勤務先の社長が言うには、職場で家族の話はほとんどせず、息子がいるということも明かしていませんでした。

母親の勤務先の社長によりますと、母親は家族の話はほとんどせず、事件があるまで息子がいるとは知らなかったといいます。

(山上容疑者の母親の勤務先社長)「息子さんがおられたという家族構成自体も初めて(知りました)。担当に11日月曜日の日中ですけど連絡があって、当面休みますとだけ言って切ったということです」

引用:MBS NEWS

「当面休みます」という連絡を職場にしていたという山上徹也容疑者の母親。

事件後は住まいを移していますし、現在は働けていないのではないかと考えられます。

山上徹也の母親現在は大阪にいる!

山上徹也 母親

安倍元首相銃撃事件の後、山上徹也容疑者の伯父の家に身を寄せていたという母親。

しかし、8月7日にそこを出て大坂の支援者の所に行ったことが明らかになりました。

この「支援者」とは、旧統一教会が山上徹也容疑者の母親に5000万円を返金した際の手続きを手伝った人物でした。

母親のA子さんは事件以降、山上容疑者の伯父宅に身を寄せていたが、8月7日になって出ていったことが明らかになった。

「伯父の家を出ていくにあたって、A子さんは『謝罪会見を開きたい』と話していたそうです。

現状については『大阪の支援者のところにいる』と家族に電話で伝えています。

この支援者というのは、旧統一教会からA子さんに5000万円が返金された際の手続きを手伝った人物です」

引用:NEWSポストセブン

大坂に行く際、母親は「謝罪会見を開きたい」と話していたのだそう。

母親は、息子が起こした事件について非常に落ち込み、周りに「申し訳ない」と話していました。

ですがそれは、「旧統一教会に迷惑をかけて申し訳ない」という意味のようです。

山上徹也容疑者が事件を起こした後も母親の信仰心は変わらず、伯父の家にも経典を持参していたほど。

母親ぎ開きたいと言う会見は、どういった形のものになるのかはまだ分かりません。

ただ、開かれたとしても、旧統一教会を擁護するようなものになってしまうのではないかと危惧する声も多く上がっています。

山上徹也の母親はエリート大学から宗教の道へ

山上徹也 母親

山上徹也容疑者の母親は、3人姉弟の長女として1952年9月に生まれました。

しかし、山上徹也容疑者の母親が中学2年生の時、当時小学5年生だった弟を交通事故で亡くしてしまいます。

その後、奈良県立奈良高校(偏差値72)、大阪市立大学生活科学部(偏差値63~64)と、エリート大学へ進学した母親。

土壌細菌の研究を熱心にしており、研究にのめりこんで周りが見えなくなることもあったと言います。

「A子さんは土壌細菌の研究を熱心にしていて、ときには研究室に泊まり込むことも。

一度のめり込むと周りが見えなくなるところがあり、それでいて性格はのんびり屋さん。

管理栄養士の二次試験があった日に『夜になって日付を見たら今日だったのよ。だから受けられなかったわ~』と呑気に言っていたのを覚えています」(大学の同級生)

引用:日刊サイゾー

のんびり屋さんの一面もあったようですが、一つのことにのめり込んでしまう性格は昔からだったようです。

山上徹也

結婚後、夫(山上徹也容疑者の父親)が酒に溺れるようになったり、長男の小児がんの発覚や、実母の死により、宗教に救いを求めるようになった山上徹也容疑者の母親。

最初は統一教会ではなく、「朝起き会」という早朝から活動する宗教に夢中になっていました。

妻のそんな姿からノイローゼになってしまった山上徹也容疑者の父親は、1984年にマンションから飛び降り亡くなってしまいます。

そのようなことがきっかけとなり、山上徹也容疑者の母親は統一教会に入信してしまいます。

山上徹也の母親の名前や画像を特定?!現在は大阪にいるまとめ

山上徹也容疑者の母親について紹介しました。

息子があのような事件を起こしてもまだ、旧統一教会への信仰心は変わらない様子である母親。

記者会見を開きたいと言っているようですが、一体どのような形になるのでしょうか。

今後の展開にも注目していきたいと思います。

山上徹也 山上徹也のかわいそうな生い立ちまとめ!母親に育児放棄され〇殺まで考えた日々
×