ゆっくり茶番劇炎上を分かりやすくまとめ!柚葉ついに抹消申請!

「ゆっくり茶番劇」が商標登録されたと話題になっています。

そもそも、ゆっくり茶番劇って何なのでしょうか・・・?

「ゆっくり茶番劇」という名前は平和ですが、商標登録を代理でした事務所に爆破予告まででてしまっているほど深刻な炎上騒ぎになっています。

今回は「ゆっくり茶番劇」の商標登録の炎上騒動について、分かりやすく事の顛末をまとめました。

ゆっくり茶番劇とは?商標登録した柚葉との関係は?

「ゆっくり茶番劇」は、ゲーム「東方Project」のキャラクター霊夢・魔理沙が、合成音声で動画で説明や解説をしている動画のジャンルです。

ゆっくり茶番劇で使われているキャラクターは、「東方Project」のキャラクターです。

つまり、ゲーム「東方Project」の二次創作という位置づけになります。

ゲーム「東方Project」は、もともと弾幕シューティングゲームで、ZUNさんが同人サークル「上海アリス幻樂団」で製作していました。

しかし、今回問題になっている「ゆっくり茶番劇」を商標登録した人は、ZUNさんに全く関係のないYoutubeチャンネル登録者数22万人の柚葉さんです。

柚葉のYoutubeチャンネル画像

ゲーム「東方Project」に全く関係のない柚葉さんが、「東方Project」の二次創作である「ゆっくり茶番劇」の商標登録を勝手に申請し審査が通ってしまったことで、今回の炎上騒動が起きているんです。

ちなみに、柚葉さんはTwitterのプロフィールで「UUUM CREAS所属」となっていますが、Youtubeの大手「UUUM」とは無関係です。

「UUUM CREAS」は、申請すれば誰でも利用できる情報共有のプラットフォームです。

ゆっくり茶番劇炎上時系列まとめ!

ゆっくり茶番劇の炎上騒動を時系列でまとめました。

  1. 2022.5.15 柚葉が「ゆっくり茶番劇」を商標登録したと発表
  2. 2022.5.15 ZUN氏、ひろゆき、たくっちなどが次々にコメント
  3. 2022.5.16 柚葉が事務所から警告処分
  4. 2022.5.16 海特許事務所がお詫びコメント。爆破予告があった
  5. 2022.5.16 柚葉は自身の主張をツイート
  6. 2022.5.16 柚葉の所属事務所「Coyu.Live」が貸し住所疑惑
  7. 2022.5.16 特許庁への問い合わせ結果と見解
  8. 2022.5.17 柚葉が「ゆっくり茶番劇」仕様に際し、使用料をとらないとツイート
  9. 2022.5.23 ドワンゴが商標権の放棄交渉へ
  10. 2022.5.24 柚葉が「ゆっくり茶番劇」の商標登録の抹消へ

①2022.5.15 柚葉が「ゆっくり茶番劇」を商標登録したと発表

柚葉のツイート

この度、当社は「ゆっくり茶番劇」商標権を取得いたしました。

⚠️今後、当該商標をご利用頂く場合はライセンス契約が必要となる場合が御座います。

柚葉さんの主張としては、今後「ゆっくり茶番劇」の商標を使用する際は、

  • 商標使用許可申請書の提出
  • 10万円(税別)の使用料

が必要としています。

また、柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」の商標登録を発表した日も、きちんとした理由がありました。

「ゆっくり茶番劇」の商標登録が発行された「登録公報発行日」の2022年3月4日から、異議申し立てができる期限は2か月間になります。

異議申し立てができないように、申請してから2か月経った後に公表したと思われます。

②2022.5.15 ZUN氏、ひろゆき、たくっちなどが次々にコメント

柚葉さんの「ゆっくり茶番劇」の商標登録のことがTwitter界隈を騒がせていましたが、「東方Project」の作者ZUNさんも事の顛末を知ったことをツイートしています。

zunさんのツイート

ゆっくり茶番劇の話は耳に入りましたよー。
法律に詳しい方に確認しますね。

そして、ひろゆきさん、たくっちさんなど、著名人が続々とコメントを発表しています。

③2022.5.16 柚葉が事務所から警告処分

柚葉さんが所属している「Coyu.Live」は、柚葉さんが所属契約の違反をしているとして、警告処分をすると発表しました。

「弊会所属ライバー『柚葉』(登録名:たまゆら)につきましては、所属規約および所属契約への違反が認められましたので、総合的に判断いたしました結果、本日付にて警告処分といたしました」

引用:ヤフーニュース

なお「Coyu.Live」は今後、改善の見込みがない場合には、柚葉さんとの契約を解除するとしています。

④2022.5.16 海特許事務所がお詫びコメント。爆破予告があった

2022年5月16日、柚葉さんから「ゆっくり茶番劇」の商標登録を代理で請け負った事務所「海特許事務所」がお詫びのコメントを発表しました。

そこには、爆破予告があったことも記載されています。

1.謝罪
皆様に愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し分けございませんでした。

2.爆破予告について
「ゆっくり茶番劇」を愛しているからこその行為かもしれませんが、冗談ではすまされませんので直ちに通報致しました。
今後については警察が事件として取扱うのかは分かりませんが、協力を求められた場合は協力致します。

 

引用:海特許事務所

また、海特許事務所が柚葉さんの依頼を受けて「ゆっくり茶番劇」の商標登録を請け負った理由について「インターネットで検索しても数万程度のボリュームで周知と呼べるレベルではない」としています。

しかし、これには2021年9月30日の時点でも「ゆっくり茶番劇」は23000000件ほどの検索ボリュームがあったという意見もありました。

⑤2022.5.16 柚葉自身の主張をツイート

柚葉さんは、2022年5月16日のツイートで

「ゆっくり茶番劇」は東方Projectのキャラクターとは関係なく

音声合成ソフトを用いて製作された動画のこと

と、あくまで東方Projectとは無関係であることを強調しています。

柚葉のツイート

ここは今後の争点になりそうですね。
柚葉さん、ここまで大騒ぎになっているのに、徹底抗戦の構えを見せています。
今後どうなっていくのでしょうか・・・

⑥2022.5.16 柚葉の所属事務所「Coyu.Live」が貸し住所疑惑

柚葉さんが所属している事務所「Coyu.Live」が貸し住所である可能性が出てきました。

「Coyu.Live」の住所へ突撃したYoutuberによると、「Coyu.Live」の事務所が見つからなかったとのことです。

これを受けて、柚葉さんは

5/16 名義人を依頼している方の賃貸物件に実害(犯罪行為)が及びました。

名義人を東京の柚葉が管理する賃貸物件へ変更致します。

と、しています。

⑦2022.5.16 特許庁への問い合わせ結果と見解

特許庁へ問い合わせた方の話によると

  • 「ゆっくり茶番劇」の商標登録の件は悪意があると認識
  • 権利者(ZUN氏?)からの異議申し立てがあれば、確約はできないが取り消しの方向で再審査する予定

とのことです。

⑧2022.5.17 柚葉が「ゆっくり茶番劇」使用に際し、使用料をとらないとツイート

柚葉のツイート

商標「#ゆっくり茶番劇」につきまして皆様からのご意見を受け、関係各所と再検討しましたところ、使用料のお支払いは不要と定めることに決定致しました。

✅今後、使用料(ライセンス契約)は不要になります。

✅但し、権利は当社のものとして存続いたします。

よろしくお願いいたします。

2022年5月17日、柚葉さんは「ゆっくり茶番劇」の使用料はとらないとツイートしました。

しかし、権利は柚葉さんの会社のものであると主張しています。

ただ、5年後には無効審判期限といって、柚葉さんから所有権をはく奪できない制度になっているそうです。

5年が過ぎた段階で、柚葉さんが再び「ゆっくり茶番劇」の使用料を徴収すると言っても、誰も止められな状況になってしまうというわけです・・・。

⑨2022.5.23 ドワンゴが商標権の放棄交渉へ

2022年5月23日、ドワンゴはクリエーターが安心して活動を続けられるように4つの対応をしたと発表がありました。

  1. 商標権の放棄交渉
  2. 商標登録に対する無効審判請求
  3. 使用料を請求された人への相談窓口の設置
  4. 商標登録による独占防止を目的とした商標登録出願

みんなで楽しんでいたコンテンツを独り占めしようとした柚葉さんに対して、公式が動き出しました。

スポンサーリンク




⑩2022.5.24 柚葉が「ゆっくり茶番劇」の商標登録の抹消へ

柚葉さんは、2022年5月23日付で「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請したと発表しました。

柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請した理由として、

本来の目的を全うすることが困難となったため

としています。

その「事由」として「 関係者等に対する誹謗中傷及び名誉棄損・虚偽・捏造された情報の流布により本来の目的を全うすることが困難となった為」とした。

引用:ライブドアニュース

今後柚葉はどうなる?

柚葉さんは「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請したので、今後はもうこんなことはしないと思います・・・

以下、柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」の商標登録を抹消申請する前の考察です。

今後、柚葉さんはどうなるのでしょうか?

法律が絡んでくるため、どんな法的処置ができるのかが問題ですね。

柚葉さんが所属している「Coyu.Live」は、このままだと柚葉さんの解雇もあり得るとしているので、柚葉さんがこのままの姿勢だとすると契約解除の可能性はあります。

「ゆっくり茶番劇」は多くの人から愛されているコンテンツですので、もしかしたら合法かもしれませんが一人占めしようとしている柚葉さんに良い思いを抱いている人は少ないでしょうね。

ZUNさんをはじめ、ひろゆきさんなど著名人の方も続々と参戦しているので、目が離せませんね。

まとめ

「ゆっくり茶番劇」の炎上騒動についてご紹介しました。

柚葉さんの言い分はもしかしたら法律的には合法なのかもしれません。

でも、東方Projectやゆっくり茶番劇を愛している人たちからしたら、絶対に許せないことですよね。

今後「ゆっくり茶番劇」がどうなっていくのか、注視していきたいと思います。

×