金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」ネタバレあらすじ!原作との違いは?

金魚妻「弁当妻」ネットフリックス版ドラマ

ネットフリックスで配信された「金魚妻」。

ネットフリックスのドラマ「第3話」では、「弁当妻」という物語が描かれています。

「弁当妻」のネタバレとあらすじ、原作との違いについてご紹介します!

金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」の登場人物

弁当妻

「弁当妻」の登場人物は3人。

  • 朔子(のりこ)/キャスト:瀬戸さおり
  • 太朗(たろう)/キャスト:藤森慎吾
  • 津多(つた)/キャスト:神田穣

朔子と太朗はタワマンに住む夫婦。

朔子は料理上手で、太朗のお弁当をいつも作っている。

津多は太朗の部下。

津多は、独身で彼女なし。

金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」あらすじ!

弁当妻

太朗と朔子は、結婚8年目にして子供がいませんでした。

子供がほしいけど、そういう気になれない

と津多に悩みを打ち明けます。

そして

なあ津多、うちの妻と・・・

津多は上司の太朗に妻の朔子と関係を持つことをお願いされます。

しぶしぶ、太朗のマンションへ行った津多。

津多と朔子は、太朗が言うままに手をつないだり、良い雰囲気になっていきました。

すると、太朗が津多から朔子を奪い、連れていくのでした。

金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」のネタバレ!

朔子は次第に津多への想いが強くなり、朔子と津多は男女の関係になります。

ある日、津多が会社を休んだと知った朔子は、津多のマンションへお弁当を届けにいきます。

そこで朔子と津多は、関係を持つのでした。

Netflix版ドラマはここまでです。

原作には続きがあります。

津多と朔子と津多はお互いにのめり込んでいきます。

ついには、朔子は太朗に「実家に帰る」と言って家を出て行ってしまいます

もちろん朔子は実家に帰っておらず、津多と一緒に暮らしていました。

朔子と太朗は離婚に合意。

しかし条件がありました。

その条件とは・・・

続きは漫画でお楽しみください。

原作「弁当妻」収録巻

第1巻・・・弁当妻1

第2巻・・・弁当妻その後


金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」原作と違うところは?

「弁当妻」は、ネットフリックス版は原作に忠実に作られています

特に大きな違いはありませんでした。

ただ、原作はとても丁寧な描写で描かれれているので、ドラマ版よりもドロドロしています。

そして、津多がかつて恋人をとられてしまった過去なども描かれていました。

キャストに関しては少し原作と違いましたね。

  • 太朗 原作はもっともっさりした感じ
  • 朔子 原作はもう少し若い

ただ、ドラマ版はドラマ版としてみれば全然違和感ないです。

金魚妻Netflixドラマ第3話「弁当妻」感想!

原作ではドロドロしたシーンでも、ネットフリックス版は何でしょうか、コミカルな音楽と太朗役の藤森慎吾さんのおかげで、とても楽しく見ることができました。

とにかく、藤森慎吾さんが良いんですw

藤森慎吾

この変態ちっくな目、最高ですね。

そして朔子役の瀬戸さおりさんがとても良い演技をされているので、それも注目ですね!

金魚妻相関図 金魚妻のNetflix相関図!全何話?篠原涼子の不倫の行方は?ネタバレあらすじ!
×