カムカムエヴリバディひなた編20週94話「ついに算太の正体バレる」ネタバレあらすじ!

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の第20週94話のネタバレあらすじをご紹介します!

クリスマスイヴの日、大月に現れたのは、謎の振り付け師算太でした。

94話「ついに算太の正体バレる」:ネタバレあらすじ

算太

94話のネタバレはこちら。

クリスマスイヴの日、るいの前に算太が現れました。

そこへ帰宅したひなたは、算太と10年ぶりの再会を果たします。

そして、ひなたは算太が自分の親戚だということを初めて知りました。

ひなたと桃太郎は、算太にいろいろ質問を投げかけます。

そして、るいもあの日のことを尋ねました。

94話のネタバレはここまでです。

94話「ついに算太の正体バレる」:感想

ついに、きましたね!

算太の正体がるいにバレる日がきました!

ここで気になるのが、算太がひなたの前に再び現れたのが10年後だったということです。

算太は10年何をしていたのでしょうか・・・?

算太はもしかしたら、安子を探していたのでしょうか・・・?

算太が戻ってきたことにより、安子とるいの再会が現実味を帯びてきました!

それに、るいが算太に聞いた「あの日」のことって・・・

どの日のこと?!

それにしても、クリスマスイヴの日に現れるなんて、算太はやっぱり「サンタ」なんですね。

本当の意味でサンタクロースになってくれたら・・・

るいに安子と会わせてあげるプレゼントがあったら・・・素敵ですね。

次の回が待ちきれません!

95話へ続く

今週(第20週)のあらすじ

先週(第19週)のあらすじ

カムカムエヴリバディ カムカムエヴリバディネタバレ最新!最終回は安子とるいが和解!
error: Content is protected !!
×