ちむどんどん第2週「父賢三との別れ」ネタバレあらすじ!

NHK朝ドラ「ちむどんどん」の第2週目のネタバレあらすじをご紹介します。

ちむどんどん第2週では、父・賢三との別れが訪れます。

一人で家族5人を支えることになった、母の優子を手伝う比嘉家の子供たち。

そんな中、東京の親戚から1通の手紙が優子の元に届きます。

ちむどんどん第2週「父賢三との別れ」ネタバレ!放送日時

ちむどんどん父賢三

 

第6回 4月18日(月) 父賢三との別れ
第7回 4月19日(火) 母を支えたい
第8回 4月20日(水) 運動会でのアクシデント
第9回 4月21日(木) 東京からの手紙
第10回 4月22日(金) 暢子、東京へ

ちむどんどん第2週「父賢三との別れ」ネタバレあらすじ

第2週 6話 「父賢三との別れ」

突然サトウキビ畑で倒れてしまった、父・賢三。

賢三の元に家族が集まるなか、賢三は最期の言葉を告げ、そのまま帰らぬ人となってしまいました。

第2週 7話 「母を支えたい」

賢三が亡くなってから、比嘉家の家計は母の優子が支えていました。

しかし、夫婦一緒になって働いてやっとの生活だったのに、賢三がいなくなってしまい、比嘉家の家計はさらに苦しいものへとなっていきました。

比嘉家の子供たちは、優子を支えようとみんなで家事を手伝います。

そんな中、暢子たちが通うやんばる小中学校で、運動会が開かれることとなりました。

第2週 8話 「運動会でのアクシデント」

運動会当日、足の速い暢子は一等賞間違いなしと思われていました。

しかし、暢子にアクシデントが襲い、結局暢子は最下位になってしまいます。

比嘉家の子供たちは、母の優子が見守る中、必死になって走りました。

第2週 9話 「東京からの手紙」

運動会が終わり、比嘉家は再び生活を始めました。

しかし、優子一人で家族5人の生活を支えるには限界がありました。

やがて優子は体に疲労がたまっていき・・・

そんな中、東京から1通の手紙が比嘉家に届きました。

第2週 10話 「暢子、東京へ」

東京の親戚から、比嘉家に送られてきた手紙には

「4人の子供のうち、一人預かってもいい」と書かれていました。

優子は4人のうち誰を東京へ行かせた方がいいのか、悩みます。

比嘉家の兄弟4人も、ずっと沖縄で暮らしたいと思っていました。

そんな中、暢子は自ら「東京に行きたい!」と優子に伝えます。

そして、暢子と青柳家は、東京へ旅立っていきました。

まとめ

比嘉家の4兄弟がどんな恋愛をしていくのか、

分かりやすく、ちむどんどんのメンバーの相関図をまとめました。

恋愛対象になる相手、結婚相手などネタバレがありますので、ご注意ください。

ちむどんどん ちむどんどんキャスト恋愛の相関図!結婚相手のネタバレも!

ちむどんどんの挿入歌を歌っている人はハーフの方でした。

ちむどんどん挿入歌 ちむどんどんの挿入歌まとめ!曲名は?Emi Evansと上白石萌歌が歌っている
error: Content is protected !!
×